EPI APSA-Ⅲストーブ

こんにちは。からあげです。

今回は、ガスストーブの決定版、EPIのAPSA-Ⅲを紹介しよう。
分離型ストーブ、大型ゴトクで安定感抜群。大型の鍋を燃せてもビクともしないので、大人数のパーティーにも対応できる。

私がこのストーブを購入したのはいつだったろうか。
10年以上は経つに違いない。
低温下でも火力が強いので、冬山に持って行ったこともあった。
ソロ山行しかしない私には、性能が良くても重たくて嵩張るこのストーブは不向きだった。
最近ではガスカートリッジのストーブを使うことはほとんどなくなっていて、箱の中に入れっぱなしだった。
今回手持ち品の整理をしようと思い立ち、メンテナンスをしたついでに各部のチェックを行った。

EPI APSA-Ⅲストーブ仕様

サイズ   
最大使用時 H90×Φ250mm(ゴトク径/Φ160mm)
最小使用時 H90×Φ226mm(ゴトク径/Φ140mm)
収納時   H180×D96×W104mm

重 量   425g
出 力   3360kcal (230Rカートリッジ使用時)
最高出力  4000kcal (230P+カートリッジ使用時)
ガス消費量 280g/h
燃焼時間  約85分

発売年   2000年

リンク メーカーHP(APSA-III STOVE)

右がAPSA-Ⅱ、左がAPSA-Ⅲ
新旧二つを並べて比べてみる。

APSA-Ⅲのケースのサイズは、105×96×183mm、重さは132g。

ストーブを箱から出したところ。

ストーブ全体

ゴトクを広げてテーブルの上に置いたところ。
ゴトクは二段階調節が可能で、低い重心設定で抜群の安定感を誇る。
それでは各部を詳しくチェックしてゆこう。

ストーブ本体を上から見る。

点火装置の電極

ガスの気化を促進し燃焼の手助けをするLFA機構

ヘッドの内部にメッシュを内蔵し、リフティングを抑えて安定した火力を提供する。

カートリッジ取り付け部

自動点火装置のスイッチが装備されていて、点火しやすいように改良されている。
これだとバルブ操作しながらの点火がやりやすい。

反対側に引っくり返したところ。

カートリッジ取り付け部は、Oリングとシールワッシャーの2重構造となっている。

ホースはしなやかで曲げ伸ばししやすい。
これがAPSA-Ⅱとの大きな違い。以前はホースが硬くて思うように取り回すことができなかった。

APSA-ⅡとAPSA-Ⅲを並べて比べてみた。
右の小さい方がAPSA-Ⅱ、左がAPSA-Ⅲ。

上から見たようす。
右がAPSA-Ⅱ、左がAPSA-Ⅲ。

ストーブ本体の分解

せっかくなので、久しぶりにストーブを分解してみることにした。
バーナーヘッド部を摘んで左回りに緩めるだけ。

このようにヘッド部付け根のところが緩んでくる。

ヘッド部を外したところ。
下にスプリングが取り付けられている。

ゴトクと風防も取外したところ。

バーナーヘッド部

バーナーヘッド部を裏返したところ。

風防おもて

風防うら

これが下部のガスの入口。

電極のようす

ガス入口の部分を分解してみた。

入口の接続部分はテーパー状となっている。

分解したあとは各部を磨いてOリングなどのゴム製パーツにシリコンスプレーを塗布しておいた。

燃焼テスト

ストーブを元のように組み立てた後は、燃焼テストを実施した。

バルブ全開にして最大火力とした。

バルブを全開にした時のアップ
APSA-Ⅱの時に見られたリフティングという現象はなく、炎は安定していた。

弱火にしたところ。
火力調節はスムーズで、微調節も可能。
非常に扱いやすい。

再びバルブを全開としたところ。

バルブを全開にした最大火力でコッヘルを載せたところ。
炎がはみ出るほど火力が強い。

各部をチェックした感想

やはりロングセラーになるだけのことはある。本当に良くできた作りだった。
2,000年に発売されてから16年の長きにわたり販売され続けている。
重くて嵩張るが、抜群の使いやすさと信頼性が高いため、今でも使おうという気には十分なる。
小屋を建てる前のテント暮らしをしていた時、大雪に降られて外に設置したロケットストーブが使用不能となった。
それでカセットコンロで煮炊きしようとしたが、火力が弱くて全然使い物にならなかった。
APSA-Ⅲに変えた途端、勢い良く燃焼して、すぐにお湯を沸かすことができた。
今でもよく覚えている。

しかし、今ではほとんど使用することはなくなったので、荷物整理を期に手放すことにした。
ずっと箱に入れておくより、誰かに使って貰った方が断然良い。

メンテナンスもできたことだし、気持ちよく送り出すことにしたい。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

フォローする