EPI STRA ストーブ S-1022

こんにちは。からあげです。

今日はEPIのストーブを紹介しよう。
これは実家の押し入れから出てきたストーブだ。
購入年は不詳、親父が使っていた道具。

EPI STRA ストーブ仕様

品名    カセットコンロ(直結型)
品番    S-1022
型式    STRA型
寸法    92mmΦ×75mmH
重量    93g
ガス消費量 166g/h
出力    2,000kcal/h

プラスチックケースに入った状態。

ケースのサイズ  79×55×46mm
ケース単品の重さ 35g

ケースのフタを開けたところ。
ゴトクをコンパクトに折りたたんで収納されている。

よこから写す。
ガスのバルブの隣に自動点火装置が装備されている。
点火装置のボタンの位置はバルブのハンドルの反対側。

反対側を写す。

折りたたんだ状態で上から写す。

カートリッジ取り付け部のようす
シールワッシャーとOリングでガスを止める。

ゴトクを下りたただ状態でのゴトクの付け根

ゴトクの先にあるサブゴトクを内側に畳んだ状態。

サブゴトクを外側に広げたところ。
可動式のサブゴトクのため、小さなものから大きなものまで対応できる。

バーナーヘッド部のようす

ストーブを広げたところ。

燃焼時のようす

寒冷地仕様のカートリッジを付けてバルブを全開にして燃焼させているところ。
凄い火柱が上がっている。

バルブ全開時のバーナーヘッドのようす。
ガスの流れが悪く炎が安定していない。

真横から写す。

バルブ全開での状態で、コッヘルを載せたところ。

バルブを絞って弱火にしたころ。
炎が安定してコッヘルの底に当たっている。

テストしてみた感想

発売当時としては軽量コンパクトな商品だったと思うが、今となっては火力の割には大きくて嵩張るように思える。
道具に思い入れが無い限り、使うことはないだろう。
自動点火装置の電極が出っ張っているので、ケース無しでコッヘルに収納すると、痛みそうな感じに見える。
ケースが34gと重たいので、ケース無しでの携帯が躊躇われる。
完全に旧式のストーブだと分かった。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

フォローする