伊吹山

登山日
2012年1月4日

ルート
上野登山口~スキー場跡~伊吹山~スキー場跡~上野登山口


*ルートはかなり不正確

行動時間 5時間15分(休憩時間を含む)
歩行距離 9.5km

今回の休みは高速道路で正月の帰省ラッシュに巻き込まれそうな気配がするので、近場の伊吹山を登ることにした。
ここは以前2回登ったことがあるが、5合目より上の開放感が堪らなくいい。冬期はどんな感じになるのだろうかと期待が膨らむ。
6合目より上は直登になるだろうと思ったので、ピッケルと12本爪のアイゼンを持っていくことにした。

登山概要

08:00頃発

朝、非常に寒く布団からなかなか出られずに出発が遅れる。
前回のように道の駅に車を停めて登山口まで歩こうかと思ったりしたが、タイムロスになるし、除雪した雪が道路脇に積もっている。
そこで、今回は奮発して登山口近くの有料駐車場に停めようと苦しい決断をした。
登山口近くの道を進んでいると前方にライト付きの赤色の棒を持ったおじさんに招き入れらるかのように入ってしまう。
もういいかと思いお金を払う。
そして出発の遅れを取り戻すように手早く準備を済ませ出発する。

今回、デジカメを忘れ携帯電話での撮影しかしていないので時間は適当である。まだ3日前だというのに・・・記憶があやふや。

登山口から1合目までは所々雪が積もっている程度で問題なし。
1合目から登山道は雪に覆われるが、朝日が差していないせいかまだ雪は締まっている。
1合目半くらいでアイゼンを装着する。
冬期のトイレは一合目のみ使用可である。

3合目に到着。トイレは冬期になると閉鎖されて使用できない。トイレの影で少し休憩をして一息つく。

4合目をスルーして5合目に到着する。5合目に設置されている自動販売機はブルーシートが掛けられていてジュース類は買えない。

5合目からいよいよ本格的な登りとなる。

6合目の避難小屋は、周囲が除雪されていてまったく問題なく使用可である。中は未確認。

8合目くらいから傾斜が急になる。ピッケルを持ってみたが、時々雪に埋もれてしまい、役に立たないことが多い。

9合目くらいで視界不良になる。寒さでメガネが曇りだしさらに見にくくなる。

山頂の看板

山頂の看板

10:35 山頂着

山頂周遊の遊歩道の分岐に出る。ここには標識が出ているので目印となる。ここからガスの中を山頂方向に進むと小屋の影が見えてきた。ヤマトタケルの像と山頂の看板がある。ここで本日初めて携帯を取り出し記念撮影をする。
強風に吹かれて寒いので山頂の山小屋付近のお堂に避難する。
山頂のお堂は麓のお寺の住職の善意で通年開放されていて中で休憩することも出来る。
私もその好意に甘えて中で少し休む。
中は畳2畳ほどのスペースがあるので非常時には泊まることも可能だ。

13:15 登山口着

お堂で少し休んで体が冷える前に下山する。
帰りは行きの道をそのまま帰ることにしたが、7合目付近に差し掛かるころ、ガス切れ間から6合目少し上の小さなピークの上に立つ小屋が見えたので立ち寄ることにした。
雪面をトラバースして小屋にたどり着くと、鹿が現れる。
お互いびっくりするが、鹿は逃げない。近づこうとすると威嚇してくるので諦めて引き返すことにした。結局前から気になっていた建物はなんなのか確認出来ずじまい。

3合目付近

3合目付近から山頂を見上げる

3合目のスキー場の残骸の片隅で昼食をとることにしたが、、、ガスストーブの火力が弱くお湯が沸かない。
昼食を止めてそのまま下山した。
駐車場に戻ると、おじさんがお出迎えお茶とチョコレートパイを振舞ってくれた。冷えた体にはありがたい。
そんなこんなで今回も終了。楽しい登山であった。

所見

朝の出発の遅れが響いた山行であった。登山口を7時前くらいに出発していれば、いろいろ寄り道できたと思う。下山後1時間くらいガスが晴れて山頂付近が綺麗に見えたがその後、麓でも吹雪となる。
この時改めて早い出発の大切さが分かった。

下山途中にまだ下から登ってくる人が見えたが、3合目の広いスキー場あたりで吹雪にあったのだろうなと思ったりもした。
また、野生の鹿に遭遇したことで、野生動物対策も考えておかなければと思う。可愛い雌の鹿だったから良かったものの熊だったら。。。

五月蝿くてあまり気が進まないが、熊避けの鈴なんかも暖かくなったら付けようかなと思う。
積雪量は膝くらいの高さまでしかないが、雪の表面が硬く中が柔らかい感じのところもあって卵の殻状態があったので、やはりワカンも必要だと思った。

参考までに、登山口付近の駐車場は有料しかない。
一番登山口に近い駐車場は一日1000円、今回私がお世話になった駐車場は、一日500円だ。
高橋さんというおじさんが出迎えて誘導してくれて、さらに下山後、暖かいお茶とチョコパイを振舞ってくれる。
無料で車を停めるには、登山口の西1キロくらいのところにある道の駅「伊吹の里」の駐車場の片隅に遠慮して停めさせてもらうのがベターだと思う。
登山口へは歩道のない片側1車線の道路を歩くか、遠回りして北西の集落の中を歩くしかない。やはり500円の価値はあると思う。

以上

スポンサーリンク

シェアする

フォローする