山林購入からテント設営まで

2013年9月9日 山林売買契約

約5ヶ月間に及ぶ山林探しの旅を経てようやく気に入った土地を見付けて売買契約を行った。
余所者には誰も山林を売りたがらないので、不動産屋を通して土地を購入した。

20130903-080931-0

購入した物件

地目  山林
地積  1000平米弱
価格  190万円
手数料 10万円
接道  土地の南側約50mにわたり幅員4mの林道と接する。
水道  私営水道有り(加入金不要)
電気  なし。前面道路に電柱有り。(引き込み可)

20130911-111004-0

売買契約を済ませると早速行動開始だ。
まずは山林内にテントを設営する。
Amazonで購入した5人用テント
送料込みで9,980円だった。

20130911-125216-0

丸スコップとテントの下に敷くブルーシート(2.7×2.7m)を購入する。

20130911-155442-0

麓の農協さんで不要な木製パレットを無償で分けてもらう。
狭いジムニーの車内にパレットをねじ込む。サイズ的にはこれが限界。
初めは解体して運ぼうと思ったが、釘を抜こうとすると木が割れてしまうので、そのまま運ぶことにした。

20130912-103839-0

結局、パレットを全部で5枚貰ってきた。
1枚1枚運んだので随分と時間が掛る。

20130918-114411-0

売主さんにテント設営の邪魔となる木を伐採して貰ったので、切り株を抜くことにする。
当時はこれだけの粗末な道具で作業を行った。

20130913-101300-0

一つ目抜根終了!
小さい方から作業を始めた。
山林内の地面は柔らかいが、根っこが邪魔をしてなかなか掘り進めることが出来ない。
根っこをのこぎりでカットしてスコップが入るようにする。

20130918-071914-0

抜根2つ目。
コイツは1つ目に比べて随分と大きい。
切り株の周囲を掘り進めて根っこを切ってゆく。

20130918-100150-0

2つ目抜根完了!
しかし穴から出すのが一苦労だ。一人なので力づくで外に出すのは厳しい。
そこで根っこをズラして穴を少しずつ埋めて穴を浅くして外に出した。

抜根の所要時間

1つ目 4時間
2つ目 13時間

テント設営

20130919-133816-0

抜根を終えると穴を埋め戻して大体水平になるように整地する。
テントは湿気対策のために地面に直ではなく、パレットの上にコンパネ、そしてブルーシートを敷いた上に設営する。
テントの大きさは2.7×2.7mで約4畳半の大きさだ。
パレット4枚を適当な間隔に置いてウレタン塗布コンパネをウレタン面を下にして載せる。
コンパネは1800×900mmの大きさで4枚半使用する。繋ぎ目は布テープを貼ってズレないようにする。

20130922-095251-0

2013年9月19日 テント設営完了!

ペグは使わず、ブロックと自然石で張り綱を固定した。
ブロックは移動するだけで張り綱の張り具合を調整出来て便利だ。
地面から浮かしたことで湿気に悩ませられることはなかった。

20130922-091923-0

車の荷物を下ろしてテントの中に入れたところ。
コンパネの残り半分はテントの出入口に敷いて鍋やバケツ置くなど、土間のような役割を務めることになった。

20130922-095324-0

敷地の片隅から出ている私営水道のパイプ
まだこの時は蛇口を付けておらず、元バルブで操作していた。

つづく

スポンサーリンク

シェアする

フォローする