「 東北 」一覧

白神山地 天狗岳

白神山地 天狗岳

2016.9.20 白神山地 天狗岳登山の記録です。 登山口から山頂まで地味な尾根歩きが延々と続きます。 ぱっとしない山ですが、人が少ないので、静かな山行を楽しめます。

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その11~石巻から亘理町まで

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その11~石巻から亘理町まで

2016年10月7日~11月10日(35日間)、完全野宿でみちのく潮風トレイル(全長700km)を踏破しました。 今回は、その11(石巻から亘理町まで)をお届けします! 仙台を抜けて長かったトレイルは終わりに近づこうとしています。 しかし、心身の疲労はピークに達しようとしていました。 満身創痍の歩き旅の終盤です。

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その10~南三陸町から石巻まで

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その10~南三陸町から石巻まで

2016年10月7日~11月10日(35日間)、完全野宿でみちのく潮風トレイル(全長700km)を踏破しました。 今回は、その10(南三陸町から石巻まで)をお届けします! 女川まで抜けて、これまでかなりの苦戦を強いられたリアス式海岸を脱出することができました。 しかし、今度は靴のソールの薄さによる足の傷みに悩まされるようになりました。 一難去ってまた一難。まだまだ歩き旅は続きます。

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その9~大船渡から南三陸町まで

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その9~大船渡から南三陸町まで

2016年10月7日~11月10日(35日間)、完全野宿でみちのく潮風トレイル(全長700km)を踏破しました。 今回は、その8(大船渡から南三陸町まで)をお届けします! 大船渡と気仙沼の大きな町を無事にパスしてさらに進みます。 一時のイライラは去って、気分は右肩上がりで回復しています。 さて、おっさんはどんな歩きを見せるのでしょうか。

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その7~御箱半島一周して釜石市街へ

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その7~御箱半島一周して釜石市街へ

2016年10月7日~11月10日(35日間)、完全野宿でみちのく潮風トレイル(全長700km)を踏破しました。 今回は、その7(御箱半島一周して釜石市街へ)をお届けします! 野宿に絶好の公園を見つけたので、半日だけの休養日としました。 お陰で体の疲れがかなりとれました。 釜石市街でウォーキングシューズの買い替えを済ませて、さらに先へと進みます。

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その6~とどヶ崎から釜石市まで

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その6~とどヶ崎から釜石市まで

2016年10月7日~11月10日(35日間)、完全野宿でみちのく潮風トレイル(全長700km)を踏破しました。 今回は、その6(宮古市からとどヶ崎まで)をお届けします! 自分でルートを探して歩いた霞露ヶ岳の前後はなかなか面白かったです。 釜石市入って直ぐの根浜海岸で泊まった時、強風で靴を飛ばされてしまい、今回最大のピンチとなりました。

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その5~宮古市からとどヶ崎まで

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その5~宮古市からとどヶ崎まで

2016年10月7日~11月10日(35日間)、完全野宿でみちのく潮風トレイル(全長700km)を踏破しました。 今回は、その5(宮古市からとどヶ崎まで)をお届けします! ルート上の野宿ポイントや水場の情報を多数掲載しました。 本州最東端のとどヶ崎の雰囲気が最高に良かったですね。 今回の旅で盛り上がった場所の一つです。

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その4~弁天崎から宮古市まで

みちのく潮風トレイル(全長700km)踏破記録 その4~弁天崎から宮古市まで

2016年10月7日~11月10日(35日間)、完全野宿でみちのく潮風トレイル(全長700km)を踏破しました。 今回は、その4(弁天崎から宮古市まで)をお届けします! ルート上の野宿ポイントや水場の情報を多数掲載しました。 津波で破壊された海岸道路を越えてゆくのが燃えました。